パパらッチェ

芸能系の2ちゃんまとめサイトから鬼女まとめに変更しました!
広告を貼るつもりはないため宣伝などはご遠慮願います。

    今日1番おすすめの記事
      本日の注目ニュース
      大学生のロリ男と付き合い始めた私子(中3)。早速、友人A子に報告。A子「私も同じ日に彼氏ができたよ。一緒だねー!私の彼氏は~…」私(ん?まてよ?これって…)→嫌な予感が的中し…


      242 :鬼女日記 2011/09/18(日) 22:27:22 ID:AH98m3C50
      初めて投稿。
      修羅場と言えるかわかりませんが、久しぶりに当時の夢を見たので記念に書き込みます。
      長くなりますがお付き合いくださいませ。

      私子 当時中3。
      □リ男 当時21。私子とは6つ違い。
      A子 当時高1。


      7年前の話。
      今はTwitterやブログが主流だが、当時はパソコンでのホームページが流行っていた。
      私子も自分のHPを持っていて、同中の先輩とかも持っていて、相互リンク(わかるかな?)などもしていた。
      そんな中、先輩のネット友達の友達の□リ男と知り合った。(この時点では、私子はまだ中2です)
      チャットやら掲示板で意気投合、直接メールやMSNメッセンジャー(個別チャットみたいなもの)もするようになった。そのとき私子は携帯を持ってなかったので、やりとりは全てパソコン。
      ちょうどその頃私子は、いわゆる不登校で、(その理由は、家庭の事情だったり、いじめだったり、強カンに遭ったりなどなど)
      その相談をよく□リ男に聞いてもらっていた。
      大学生だった□リ男は、私子からしたらすごく大人で、ときに優しくときに厳しく、でも親身になって相談に乗ってくれた。
      そんな□リ男に私子はなんとなく好意を抱くようになる。
      243 :鬼女日記 2011/09/18(日) 22:30:26 ID:AH98m3C50
      そして、私子は中3になった。
      学校も真面目に行くようになり、□リ男との関係も変わらず、よきメール友達。
      私子は受験勉強の合間に、□リ男とメールをしたりしていた。
      ある日、□リ男のHPの掲示板をなんとなく見ると、なにやら□リ男がA子という女の子と親しげにやりとりしている。
      なんとなく嫉妬心を覚えた私子。
      しかし□リ男と私子は付き合っているわけでもないし、むしろ顔も見たことないし、何も言えずにもやもやしていた。
      だが、A子が□リ男のHPのリンクを辿って、私子のHPに来たのだ。
      初めて話してみたが、A子はなかなかいいやつで、私子と年もあまり変わらないということもあってか、結構仲良くなった。
      A子と私子が仲良くなってからは、A子と□リ男のことで、私子が嫉妬することもなくなった。
      長くなったけど、ここまでが前置きです。
      245 :鬼女日記 2011/09/18(日) 22:31:49 ID:AH98m3C50
      そしてある日、私子は携帯電話を買ってもらった。
      嬉しくて、バカな私子は、何も考えずに□リ男に携帯番号とアドレスを教えた。
      すると□リ男から着信。
      そして、話の流れで□リ男と会うことになった。
      □リ男の住む街(N市)は、私子の街から電車で30分ほど。
      私子の地元はクソ田舎なため、都会であるN市で会うことになった。
      □リ男はなかなかイケメン(に見えただけかもしれんw)で、背は高く、がっしり体型であった。
      とりあえず、カフェ→そしてカラオケ。
      カラオケで、19の「以心伝心」や、ゆずの「いつか」を歌われ、舞い上がるバカな私子w
      また、カフェやカラオケ代は全て□リ男が払ってくれて、やはり大人だなーと憧れた。また、移動は手を繋がれて、私子心臓破裂状態。w
      そして夕方頃帰りぎわに、□リ男にほっぺにキスをされた。私子はこの時点で完璧に□リ男に惚れた。
      そして1~2週間後、また□リ男と会うことに。
      会って、手を繋ぎながら辿り着いた先はラブホ。なんとなく私子もこうなることを覚悟していたので、躊躇なく入り、ハメハメ。
      たしか2回ほどした。
      事が終わって、私子がベッドで寝転がっていると、□リ男が私子にネックレスをつけてくれた。それはいつも□リ男がしているらしい、シルバーのネックレス。
      「付き合おう、私子のこと、ずっと好きだった」
      と、□リ男は真剣な眼差しで言い、私子にキスをした。
      その後ご飯やらプリクラやらのプチデートし、私子は門限があるため早めに帰宅。本当に幸せ気分で、多分地面から5cmほど浮いていたと思う。
      246 :鬼女日記 2011/09/18(日) 22:39:38 ID:AH98m3C50
      家に帰り□リ男のHPの日記を見ると、「とても幸せ。距離なんて関係ない」的なことが書かれていた。
      しかし私子の名前は一切出て来なかった。
      □リ男に聞いてみると、□リ男のHPはいろんな人が来ているため、名前は伏せたいとのこと。
      あまり納得できなかったが、了解。
      そして次の日、また□リ男の日記を見ると、幸せだ。というようなことが書いてあり、私子は本気で舞い上がる。
      そして彼氏ができたことをA子にメールで報告。
      するとA子も同じ日に彼氏ができたという。きゃー!一緒だねー!と、盛り上がり、メッセンジャーで話すことに。
      どんな人どんな人ー?と会話は弾んでいく。
      A子の話によると、A子の彼は、
      ・高身長
      ・N市に住んでいるからプチ遠距離
      ・A子より5歳年上
      ・インターネットで知り合った
      らしい。
      ん?まてよ?と、思う私子。これ、ぴったり□リ男と当てはまるんじゃね?!と気づく私子。
      A子は私子より一つ年上なので、□リ男とは5つ違いで間違いない。
      いやいやしかしまてよ落ち着けよ、と、A子に、
      「あのね、私子の彼氏って、□リ男さんなんだ(^^)」
      と、言うと、暫くA子からの反応がなくなった。3分ほど待つと、
      「え?わたしも□リ男さんと付き合ってるよ。。。」と返事が。
      248 :鬼女日記 2011/09/18(日) 22:41:27 ID:AH98m3C50
      聞くところによると、A子と□リ男は、私子と□リ男がセ○クスした日、夜会ったらしい。そしてキスまでして、付き合うことになったそうだ。
      そして翌日、□リ男とA子もヤッたらしいのだ。
      HPの日記にあんなことを書いたのは、ふたりに向けて、喜ばせることができるからだろう。
      混乱する私子とA子。
      とりあえず、□リ男に聞こうということになって、□リ男をメッセンジャーに呼び出した。
      □リ男は、
      「2人とも好きなんだ。。。
      どっちか、なんて選べない。。。俺は罪な男だよな。。。わかった、2人ともと別れるよ、俺が悪かった、俺が私子とA子と別れれば全て丸く収まる。しあわせになってくれ、さよなら」
      と、言い残し、そそくさと退室。
      その後□リ男に鬼電鬼メールするが、返ってこず、私子は相当落ち込んだが、受験も近いし、忘れることにした。
      そして久しぶりにパソコンを開くと、A子からのメールが。受信日時はかなり前だった、が、そのメールには
      「□リ男さんに説得され、□リ男さんと話し合い、付き合うことにしました」
      ということが書かれていたのだ。
      かなり衝撃を受ける私子。しかしそのころには他の彼氏がいたので、もう気にせずに無視していた。
      250 :鬼女日記 2011/09/18(日) 22:44:01 ID:AH98m3C50
      受験も終わり、無事志望校合格。私子は高校生に。
      たまたまN市に友人と買い物に行き、カフェでまったりしていると、見覚えのある顔が。なんと、□リ男がいるではないか!
      私子の視線に気づいたのか、□リ男はこちらへ歩いてくると、許可もなく私子の隣の席に座り
      「私子、久しぶり。元気?俺、あれからずっとひとりなんだ。ああは言ったけど私子のこと忘れられなくて。。。でも、申し訳なくて電話もメールも出来なくて、ここでこうやって会えたのは運命だと思う。やり直さないか、私子も俺のこと、まだ忘れ切れてないだろ?」
      こんな感じのことを、ひとりでしゃべり続けた。
      私子はキレたいのを抑え、
      「いや、もう彼氏いるし、あなたのことは忘れたので。友達いるから、ごめんけど帰ってくれるかな?」
      と、□リ男の顔を見ずに話した。
      すると□リ男は私子の肩を抱き、
      「そんなこというなって(ハート)」と言ってきた。
      その瞬間私子の中で何かが切れた。
      飲みかけのアイスミルクティーをぶっかけ、
      「ふざけんな!てめーわけわかんないこと言ってんじゃねーよ!
      そもそも、まだA子とだって付き合ってんだろ?!バレバレなんだよ!
      しかも思い込み激しすぎ!そんなキモイやつだから、何も知らない年下の女しか引っ掛けることが出来ねーんだろ?!
      今すぐタヒねよ!□リコン野郎!」
      と怒鳴りつけ、さらに友達が飲んでたオレンジジュースまでぶっかけ、平手打ちを食らわせ、ぽかーんとしている友人の手を引き、店を後にした。
      とってもスッキリした。人生の中でベスト3に入るくらいスッキリする出来事だった。

      なんか、本当に長くなってしまったorz
      修羅場といえるのかも謎だし。。。そして携帯からなので改行へんだったらすいません。
      読んでくれてありがとう。
      251 :鬼女日記 2011/09/18(日) 22:46:27 ID:k0G0aSIB0
      お、終わり?
      □リ男に逆上されたりしなくてよかったね。
      253 :鬼女日記 2011/09/18(日) 22:49:06 ID:AH98m3C50
      あ、後日談と言うか、それからまた1年後くらいに、またたまたま女といる□リ男と会ったんだけど、
      そのときには一目散に逃げられました。□リ男弱すぎるw
      一緒にいた女がA子かどうかは謎だけど、女はすごくもの言いたげにこっちを見ていたから、そうなのかもしれない。
      なんかもやもやな終わらせ方でごめんなさい(T_T)
      254 :鬼女日記 2011/09/18(日) 22:57:11 ID:THszYw0Q0
      いや、よくやったと思うよ。
      そのときに切れてよかったね

      超おすすめ厳選記事一覧

      本日の注目ニュース
        記事検索
        月別アーカイブ
        最新記事(画像付)
        逆アクセスランキング
        免責事項
        当ブログは著作権の侵害を目的としたサイトではありません。 掲載、配信している動画及び画像の著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属いたします。掲載に問題があれば、お手数ですが当サイトについてのメールアドレスから御一報下さい。早急に対応を取らせていただきます。