パパらッチェ

芸能系の2ちゃんまとめサイトから鬼女まとめに変更しました!
広告を貼るつもりはないため宣伝などはご遠慮願います。

    今日1番おすすめの記事
      本日の注目ニュース
      私インフル発症。同時に大トメも寝込む。けどウトメ「嫁子ちゃん、ばあちゃん(大トメ)の看病お願いね」と老人会の旅行に。夫に援護を頼むと…冷めたorz


      160 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:18:17 0
      私がインフルエンザを発症したとき、
      運悪く大トメ(ウトメと同居していた)も寝込み
      重ねて不運なことにウトメの老人会の旅行にぶつかった。

      「嫁子ちゃん、ばあちゃん(大トメ)の看病お願いね」
      とのたまうトメ。
      「無理です。おばあちゃんにうつしたら大変だし
      第一、私動ける状態じゃありません」
      と断るけど「いいからいいから」で話にならない。
      夫に援護を頼むと
      「行ってやればいいじゃん。大分良くなってきたじゃん。
      お袋だって介護で疲れてるんだし、たまには楽させてやれよ。」

      私はそのまま倒れて救急車で運ばれ、
      事態を知った両親が激怒→退院後実家へ。
      その後、ウトメ夫が詫びを入れてきて和解しましたが、
      あれ以来完全に冷めてしまった。
      今は自己都合wで停戦中だけど、近いうちに離婚を切り出す予定。
      161 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:20:06 0
      >>160
      頑張れ、慰謝料たーんともらって別れたれw
      167 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:28:20 0
      >>160
      うわー、お疲れ様。
      お袋いつも介護で大変って言うなら
      ウトが残りやがれって言いたいよね。
      168 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:29:09 0
      >>160
      詫びの台詞とかはどうだった?本当に反省してた様子だったのかな。
      離婚を考えてるということはやっぱり「嫁両親がうざいから
      面倒だけど表面だけ謝っといてやるぜ」的な雰囲気だったってことかね。
      164 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:23:13 0
      >>160
      それなら
      夫が会社を休んで妻や大トメの看病や介護をすべきなのに
      160の亭主教育が悪かっただけでしょ。
      仕付け教育を怠ると自分に跳ね返るのは常識よ。
      169 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:29:07 0
      >>164
      だからエネ夫なんだろうに
      常考
      172 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:33:31 0
      >>169
      >>160が結婚して以来、きちんと仕付け教育をしていても
      あれならエネ夫だけど、何もしなかったのなら160の怠慢よ。
      174 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:36:44 0
      嫁入りしてウトメと同居して夫教育ですか。
      そういうのを机上の空論といいます。
      >>164ができてるかどうか知らんが、それが常識なら
      こんなスレは元からないよ。
      181 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:44:58 0
      >>174
      嫁入り?古くさいわね。まあ良いけど
      そうよ。男はね結婚してからの教育が大事なの
      私も一度、高熱で倒れた時に>>160みたいな目に遭ったことがあるわ。
      それから徹底して夫を教育したわ。今では私が熱を出しても
      おかゆも作れるし家事もしっかりできる一人前の人間になったわ。
      男の大半は歳だけ取ってる子供なのよ。
      子供の頃は母親が家事をやってくれるから、自分は勉強だけしていれば良い。
      母親が病気で倒れても、自分は看病しない。高校生だろうが大学生だろうが
      自分は関係ない。そう言う風に育っている男は結婚すれば妻がなんでもやってくれるから
      自分は仕事だけしていれば良い。
      妻の看病なんて考えもしない。多くの男達は老人になっても自分が
      妻の介護をするなんて考えないわ。
      彼らの頭にあるのは自分が介護をしてもらうことだけなのよ。
      そう言う半人前のオコチャマだらけなの
      だから妻がしっかり教育して一人前にしてやらなきゃならない生き物なの。
      187 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:49:24 0
      >>181
      ご立派に仰る貴女ですら、一度は同じ目に遭っている。
      つまり、それまでは教育できてなかったってことですよね。
      当時の160さんはその一度目以前の貴女だと思うけど、昔の
      自分を嘲笑って楽しいですか?
      188 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:50:57 0
      >>187
      >>160は事態を改善する努力を放棄して
      離婚に逃げようとしているでしょ
      一緒にしないで欲しいわね。
      人間は学習し成長する生き物なのよ。
      >>160は徹底的にお察し下さいの甘ったれ。
      離婚しても同じ過ちを繰り返す可能性.が高いわね。
      193 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:57:44 0
      >>188
      高熱で意識朦朧としている人は「お察し下さい」を押し通しても
      ぜんぜん構わないと思うぞ。それは社会的に容認されていることだ。
      179 :160 2008/02/19(火) 11:43:43 0
      レス、ありがとう。

      結局は大トメは入院して、ウトメは旅行へ行きました。
      ちなみに大トメはトメ母です。
      実家に詫びを入れにきた時は、すばらしい低姿勢でしたよ。
      「自分の楽しみの為に嫁子さんを使おうとして申し訳ない。」
      「自分の祖母の事なのに、任せようとした自分が悪かった。」
      「病気の嫁子を辛い目にあわせたことを反省してる。」
      ええ、100点満点の謝罪でした。

      でも、冷めた。
      インフルエンザの高熱でボーっとしてる私の横で
      電話で旅行の話をしてる夫の顔や
      受話器から漏れ聞こえる
      「こんな時くらい嫁子に孝行してもらわなくっちゃ!」
      と喚くトメの声、それを諌めない夫。
      もうね、私とは別世界の人なんだと痛感しました。

      >>164
      それは私の仕事じゃなくて、トメの仕事だと思う。
      大人の風邪ごときで配偶者の看病なんているかしら?
      ご意見ありがたく承りました。

      190 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 11:53:20 0
      >>179
      >>「こんな時くらい嫁子に孝行してもらわなくっちゃ!」
      うわ…発熱してる病人に向かってそれかい。なんか物凄くイヤな人間だね。
      そんなのと付き合って生きて行きたくない気持ち分かる。
      これから大変かもしれないけど、自分を大切にして頑張ってね。
      198 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 12:26:56 0
      >>179の大トメ、入院するほどの病状だったんだ!
      なのにインフルエンザが移る可能性.も「いいからいいから」ってひでぇ。
      ウトメも夫も大トメがタヒんでも良かったぐらいの考えとしか思えんな。
      199 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 12:31:52 0
      むしろインフルエンザがうつってタヒんでくれたらいいのにと
      思っていたかもよ。
      そのときは「嫁子さんがうつしたから!」と責任転嫁。
      介護もなくなってウマー!だったのかも。
      200 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 12:35:33 O
      >>198
      あり得るよな
      大トメが亡くなっても、インフルエンザをうつした嫁のせいにできるし
      203 :名無しさん@HOME 2008/02/19(火) 12:39:27 0
      >>199,200
      で、「私の母を貴女が杀殳した」ってずーっと嫁をいたぶり続けるのか。
      ホラーだな。

      超おすすめ厳選記事一覧

      本日の注目ニュース
        記事検索
        月別アーカイブ
        最新記事(画像付)
        逆アクセスランキング
        免責事項
        当ブログは著作権の侵害を目的としたサイトではありません。 掲載、配信している動画及び画像の著作権または肖像権等は各権利所有者に帰属いたします。掲載に問題があれば、お手数ですが当サイトについてのメールアドレスから御一報下さい。早急に対応を取らせていただきます。